セレブな時間

e0023845_23593727.jpg

めったにない、クラッシック生演奏を聞く事に
中ノ島公会堂という、懐かしいレンガ作りのホールへ行ってきました
ホールの中を照らしているのも、明治?時代を思わせる
やわらかい発色の電球。

大人の雰囲気の落ち着いたホールでした
演奏はウィーンフィルハーモニーのメンバーで結成されている
「シュトイエデ弦楽四重奏」・・・
第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ
それぞれの楽器の美しい音色に、引き込まれました

なんて綺麗なんだろう~うーーん!!
私たちが、電気楽器でこれでも駆使して作り出している
あの音・・あたりまですが、足元にも及ばない
そんな、心に語りかける優しい音でした

演奏終了後、ちょっぴり「セレブ~♪」な気持ちで
ロビーに出ると・・・メンバーの皆さんが出てこられた!!
超ハンサムな皆さん~~

勇気を振り絞って、ビオラ奏者の方と写真を撮っていただく(*^。^*)
ため息が出るほどの、ステキなお顔立ちで、背も高くて・・・
心臓が飛び出そうでした・・大人気ない(^_^;)
・・でも、記念になりましたぁ♪
[PR]

by risu-29 | 2006-11-26 23:59 | 日記